スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首相動静(1月31日)(時事通信)

 午前9時16分、公邸発。
 午前9時44分、東京・奥沢の美容室「Peace」着。散髪。(了)

小沢氏なぜ家族名義に?原資4億円に残る疑問(読売新聞)
<足利事件再審>可視化集会で菅家さんが講演 (毎日新聞)
東海道新幹線 運転を再開…架線切れ一時ストップ(毎日新聞)
【中医協】有床診の後方病床機能を評価(医療介護CBニュース)
2次補正が衆院通過=28日成立の公算(時事通信)
スポンサーサイト

首相、外国人参政権「簡単ではない」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は27日夜、永住外国人への参政権(選挙権)付与法案について、「連立与党のなかでまとまることが最低限必要だ。国民新党が強く反対しているので、簡単な話ではない」と述べ、現状では今国会への提出は困難との認識を示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 同法案に関しては、国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が22日の衆院予算委員会で、「国民新党は付与に反対だ」と答弁。この発言を受け平野博文官房長官は26日の記者会見で「閣内で合意した上で物事を進めなければならない」と慎重な姿勢を示した。

 永住外国人への参政権付与は民主党の小沢一郎幹事長の持論で、昨年12月に訪韓した際には「通常国会でそれが現実になるのではないか」と強調。今月11日の政府・民主党首脳会議では政府提案で成立を図る方針を決めていた。

【関連記事】
【写真劇場】結論待つ「世界一危険な基地」
谷垣自民 切り札なき「逆襲」
「最終戦争」国民の軍配は
【鳩山政権考】どうする地方参政権付与法案 花岡信昭
【佐藤優の地球を斬る】外相が「真実」を語れない理由

警察官の長男、父親の拳銃で自殺か 岡山の駐在所(産経新聞)
<普天間移設>候補地、政府内で徳之島が浮上(毎日新聞)
<押尾学容疑者>保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に(毎日新聞)
<民主>陸山会事件の捜査長期化を懸念 小沢氏「信念貫く」(毎日新聞)
「30歳未満はネットも恋愛も禁止」?? 愛知県条例案に質問や抗議(J-CASTニュース)

前原国交相と八ツ場ダム地元住民、初の意見交換(産経新聞)

 前原誠司国土交通相は24日、建設中止の方針を打ち出している八ツ場ダム(群馬県長野原町)の建設予定地を訪問し、水没予定地区の住民らと初の意見交換に臨んだ。中止の撤回を求める住民らに対し、前原国交相は政策転換で迷惑をかけたことを陳謝した上で「みなさまのお気持ちに応えられない可能性がある」と述べ、中止方針を撤回する考えがないことを改めて表明した。地元住民は早期の本体工事着工などを求めて反発、議論は平行線をたどり、両者の溝の深さを印象づける結果になった。

 この日の会合には、大沢正明群馬県知事や長野原町、東吾妻町の各町長のほか、水没予定地区から140人近い地元住民が出席した。前原国交相は冒頭で「政策変更のために、多大なご迷惑をおかけしたことを心からおわび申し上げたい」と深々と頭を下げ、「今の財政状況で、どこにお金を使うべきか優先順位を決めないといけない。河川に限らず、道路、空港整備など公共投資全部を再検証している」と政策変更の理由を説明。建設中止を前提とした生活再建策についても話し合いに応じてくれるよう求めた。

 これに対し、地元住民らでつくる「八ツ場ダム水没関係5地区連合対策委員会」の萩原昭朗委員長は「中止の方針を受け入れた訳ではない」と拒否。国交相から八ツ場ダムを中止とした根拠の明確な説明もなく、住民の代表からは「マニフェストに載せる際にどんな検証を行ったのか見えてこない」「コンクリートに守られてきた人の生活も多々あることを理解してほしい」など厳しい意見が相次いだ。

 八ツ場など本体工事に着手していないダムは、国交省の有識者会議が今夏をめどにまとめる治水対策の新基準をもとに事業の可否が再検証されることになっている。前原国交相は意見交換後、記者団に「おわびできる機会をいただけてありがたかった」とする一方で「あまり時間をかけてはいけない」とも述べた。地元の合意がなければ中止手続きを進めない考えをすでに表明しており、今後も足を運んで対話を重ねる姿勢を示した。

 意見交換会をめぐっては、地元住民側はこれまで、ダムの建設中止を前提にした前原国交相の姿勢に反発し拒否を続けてきた。ただ前原国交相がダム事業の再検証を行うことを明言し歩みよりの姿勢を見せたことから、先月17日に初めて議論のテーブルにつくことを決めていた。

【関連記事】
八ツ場ダム 国交相「なぜ中止か説明したい」
八ツ場ダム問題 関係6知事の緊急申し入れに国交相回答
八ツ場ダム訴訟で住民敗訴 公金支出「違法でない」 千葉地裁
前群馬知事・小寺氏、八ツ場ダム「解決に力尽くしたい」
八ツ場 希望探す住民 一度沈んだ「ダムの底」 狂った人生「いつまで」

授業中の中学校でボヤ、生徒630人が避難(読売新聞)
オードリー春日さん骨折(時事通信)
父に暴行、被告に懲役9年=遺体写真審理後、裁判員解任-福岡(時事通信)
<名護市長選>移設反対派の稲嶺氏が当選確実(毎日新聞)
警視庁警部が痴漢=電車内で、停職(時事通信)

普天間、移設先自治体の合意いらず…官房長官(読売新聞)

 平野官房長官は26日午前の記者会見で、沖縄の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題で、移設先の自治体の合意を得る必要性について、「理解は求めなくてはいけないが、合意が取れないと物事を進められないものなのか。日本の安全保障にかかわってくる問題だ」と述べ、合意の必要性はないとの認識を示した。

 一方、鳩山首相は26日朝、沖縄県名護市長選で普天間飛行場の同市辺野古への移設に反対する稲嶺進氏が当選したことに関し、「市長選の結果は一つの民意の表れだと受け止めている。私どもとしては(政府・与党の沖縄基地問題)検討委員会でゼロベースで移設先を決めていくことに変わりはない」と述べ、辺野古への現行移設案を排除せずに移設先を検討する考えを改めて強調した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

<橋下知事>支持率70% 毎日新聞調査(毎日新聞)
<普天間代替>退路断たれた政府 「5月決着」微妙に(毎日新聞)
経団連会長、自民大会欠席へ=民主に遠慮? (時事通信)
<都教育委>全都立高で日本史必修科目に 13年までに実施(毎日新聞)
橋下知事、ベトナム・シンガポールへ出発(読売新聞)

在阪企業のサポートを=ベトナム国家主席と会談-橋本知事(時事通信)

 【ハノイ時事】ベトナム訪問中の橋下徹大阪府知事は22日、ハノイ市の国家主席府を訪れ、グエン・ミン・チェット主席と会談した。知事は「大阪の企業が進出した際には、サポートをお願いしたい」と述べ、関係強化を要請した。
 会談で知事は「国家主席が地方の代表である自分を迎えてくれたことは大変光栄」とあいさつ。21日にホーチミン市で政府関係者や地元企業を対象に行った「大阪プロモーションセミナー」について、「中央政府や市の協力で、成功に終わった。日本、大阪の企業はベトナムに可能性を感じている」と話した。 

<三豊市長選>横山忠始氏が無投票で再選(毎日新聞)
阪神大震災 防災教育の重要性浮き彫り(産経新聞)
総務相「関係者」発言で重ねて釈明(読売新聞)
民主党大会が開幕へ=事件から一夜、首相あいさつへ(時事通信)
芸術劇場リンク先 改竄ウイルス感染(産経新聞)

<大雪>石狩市で1日に54センチ 16年ぶり記録更新(毎日新聞)

 冬型の気圧配置の影響で、北海道内は16日夜から17日にかけて石狩地方を中心に局地的な大雪となり、石狩市では午後3時までの1日の降雪量が54センチと、1994年1月13日以来、16年ぶりに記録を更新した。雪は17日昼まで続き、日本気象協会によると、恵庭市で26センチ、札幌市で15センチを観測した。

 JR線は除雪作業のため、札幌と各地を結ぶ千歳線、函館線、学園都市線を中心に終日、ダイヤが乱れた。小樽・札幌-新千歳空港駅間の快速エアポート31本をはじめ、札幌-石狩当別駅間などで計197本が運休し(部分運休含む)、約4万人に影響が出た。また、釧路線も雪のため摩周-網走駅間など8本が運休した。18日には正常ダイヤに戻る見込み。【円谷美晶】

小沢氏疑惑 閣僚反応 前原「事情聴取応諾は大変結構」(産経新聞)
東京地検が石川議員を夜から異例の聴取、4億円不記載疑い(産経新聞)
環境税、プロジェクトチームで検討へ=2月中にも設置-税調会長ら(時事通信)
浜松で飲食店全焼、遺体は桑田真澄さんの父か(読売新聞)
<本屋大賞>候補に「1Q84」や「横道世之介」(毎日新聞)

<水俣病訴訟>熊本地裁が和解勧告 不知火患者会と被告に(毎日新聞)

 水俣病不知火(しらぬい)患者会(熊本県水俣市、2600人)が国と熊本県、原因企業チッソ(東京都)を相手取り、1人850万円の損害賠償を求めた訴訟で、熊本地裁は22日午前、原告と被告双方に和解を勧告した。午後に和解協議が始まる見通し。未認定患者の訴訟派のうち、9割以上を占める不知火患者会との合意が成立すれば、国が進める水俣病救済策は、実現に向けて加速することになる。

 不知火患者会は、未認定患者の主要5団体の中で、裁判での解決を求める「訴訟派」の最大組織。05年10月の第1陣50人を皮切りに、18陣まで計2018人が提訴している。昨年7月に成立した水俣病救済特別措置法(特措法)に反対し、国などと対決姿勢を取ってきた。しかし、昨年10月、田島一成副環境相が示した和解方針を受け、環境省と2回の事前協議をしてきた。

 特措法に基づく救済措置について、水俣病出水の会(鹿児島県出水市、3700人)など3団体は既に受け入れ方針を表明。環境省はこれら受け入れ団体と訴訟派団体を、同時期に同内容で救済を図る意向を示している。

 一方、残る訴訟派団体の水俣病被害者互助会(水俣市、170人)は被害の全容解明など、より抜本的な解決を求めて裁判を続ける意向を表明している。

 和解協議では、患者に支払う一時金や療養手当の額、救済対象者の判定方法などが焦点になるとみられる。田島副環境相は、水俣市で水俣病犠牲者慰霊式が開かれる5月1日までに救済措置の開始を目指す意向を表明している。【西貴晴】

 【ことば】▽水俣病未認定患者▽ 公害健康被害補償法(公健法)に基づく水俣病認定を受けると、1人1600万~1800万円の一時金や医療費などが支給される。認定患者は熊本、鹿児島で2271人(うち生存者579人)。一方、95年政治決着では、認定に至らない被害者約1万人に一時金(1人260万円)などを支払い、解決が図られた。

 現在の未認定患者問題の対象者(チッソ分)は、認定申請中の7293人と、医療費が無料となる「新保健手帳」所持者2万5475人の計3万2768人。このうち新保健手帳は、95年政治決着時の救済策を水俣病関西訴訟最高裁判決後の05年10月に復活させたものだが、一時金を伴っていないため、政府は新たな救済策の対象者に含めている。このほか、いまだ救済に手を挙げていない潜在患者もいるとみられるが、人数は不明。

【関連ニュース】
水俣病未認定患者:国も和解協議へ 環境相
水俣病:最大の患者会が和解協議に応じる方針決定
水俣病:チッソ分社化「10月目標に体制整える」 社長
チッソ:社内報の「桎梏」表現で環境省が会長を注意
水俣病:対象地域外でも救済 一時金の額明示せず…環境省

シーレーンは他国任せ 海自がインド洋から撤収(産経新聞)
精巧な偽中国100元、国内で発見 記番号以外は「本物」(産経新聞)
<フェリー座礁>2漁協 船体撤去と漁業補償案受け入れる(毎日新聞)
派遣村 閉所 利用者の自立への道本格化へ(毎日新聞)
使用済みインプラント、別人に使い回しの疑い(読売新聞)

鳩山首相、石川議員逮捕で謝罪(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は16日午後、東京・日比谷公会堂で開いた定期党大会で、「昨日、わが党所属の石川知裕君(衆院議員)が逮捕される異常な事態が発生した。党代表として、国民の皆さまをお騒がせし、ご心配をかけていることに対し、率直に遺憾の意を表明します」と述べ、謝罪した。

【関連記事】
鳩山首相、小沢幹事長の続投「菅副総理と一致」
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も 
鳩山首相、イバラの道 責任論も
首相「闘ってください」 小沢氏に続投“お願い”?
■総力特集「それでも小沢一郎」

【月と太陽の物語】明石海峡大橋 だるま×だるま(産経新聞)
新型インフル輸入ワクチン、2月中旬にも接種開始(産経新聞)
小沢氏批判の金属弾入り封筒、民主党とテレ朝に(読売新聞)
<日本マクドナルド>社員の「過労死」認定 東京地裁(毎日新聞)
「風化せぬよう子供に伝えたい」=祖母なくした遺族代表の下浦さん-阪神大震災(時事通信)

<掘り出しニュース>五輪フィギュア上位、サッカーW杯も活躍 岐阜の神社で粥占い(毎日新聞)

 【岐阜】高山市丹生川町旗鉾(はたほこ)の伊太祁曽(いたきそ)神社で14日、新年の伝統行事の粥(かゆ)占い「管粥(くだがい)神事」があった。米や小豆を麻の茎と一緒に釜に入れて煮立たせ、茎に詰まった粥の量で一年間の豊凶などを占う。今年は、景気は横ばいだが、バンクーバー冬季五輪のフィギュアスケートで浅田真央、安藤美姫両選手が上位に入り、サッカーW杯南アフリカ大会でも日本の活躍が期待できるという明るい結果が出た。

 同神社は乗鞍山ろくにあり、市の無形文化財に指定される神事は旗鉾地区約30戸の若者たちで組織する旗鉾若連中が取り仕切る。

 午後1時半過ぎ、烏帽子(えぼし)姿の若連中が、ここ数日来の降雪で1メートル近い積雪がある境内のカマドに火を入れた。約1時間後、煮えたぎった鉄釜の中から木札の付いた麻の茎を取り出し、社殿で1本ずつ茎を割って粥の量を検分。地元の人によると、かつてはアワやヒエなどの農作物の作柄、天候を占っていたが、時の移ろいとともに占う項目も増えて今年は140項目にわたった。

 06年の管粥神事ではその年のトリノ冬季五輪で荒川静香選手が総合で最高成績というご託宣がズバリ的中している。【奈良正臣】

【関連ニュース】
<特集>日本勢活躍なるか!バンクーバー五輪
<写真特集>メダル期待!フィギュアスケート
<写真特集>日本で開かれたオリンピック
スピードスケート:15歳、高木美帆が五輪代表に決定
<特集>サッカー日本代表 今シーズンの日程と結果

家庭で環境に良いことを実践しているのは妻がダントツ(産経新聞)
<千葉大生殺害>血のついた包丁発見 ATMの男供述で捜索(毎日新聞)
名古屋市長 住基ネット離脱方針(産経新聞)
雑記帳 絵馬を同封した「合格マスク」が大人気(毎日新聞)
山崎建設、宮本組を捜索 特捜部、小沢氏土地購入事件で(産経新聞)

留年組は授業料発生も=高校無償化で-文科省(時事通信)

 文部科学省は14日、4月からの実施を予定する高校の実質無償化で、学校設置者に対する国の予算措置は生徒1人当たり通算36カ月(定時制・通信制は48カ月)として計算する方針を示した。この期間を超えて在籍する生徒の授業料を無償にするかは各学校設置者の判断に委ねる。自治体にとっては無償にすれば財政負担が重くなるため、授業料を徴収しない公立高校でも留年した分は授業料が発生する可能性が高そうだ。
 同日開催した自治体担当者説明会でこうした方針を示した。 

【関連ニュース】
政府、61法案を提出予定=子ども手当、高校無償化
負担軽減効果、想定下回る=高校無償化、特定控除縮小で
高校無償化に3933億円=10年度予算案〔教育〕
政権公約、修正相次ぐ=聖域なき削減で予算圧縮-10年度予算
完全実施はコメ所得補償のみ=財源難で公約にもメス

「大阪にカジノを」橋下知事、ベトナム・シンガポール視察へ出発(産経新聞)
3新人が届け出=宮崎市長選(時事通信)
小池百合子氏「自民党幹事長なら、即死」と小沢氏批判(スポーツ報知)
4歳長男を虐待、遺棄の母親に懲役6年(産経新聞)
<子ども手当>長妻厚労相が一部地方負担を謝罪 決着方向へ(毎日新聞)

挑発すり男逮捕…「俺はやらないよ」と当日電話(スポーツ報知)

 警視庁捜査3課は12日までに、場外馬券売り場で男性会社員のバッグから財布を盗んだとして、東京都新宿区富久町の無職・竹田孝雄容疑者(59)を窃盗の疑いで現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年12月29日午後3時50分頃、東京都文京区後楽の場外馬券売り場で、レース中継のモニターに夢中になっていた男性会社員(79)が首から提げたショルダーバッグから現金6000円入りの札入れ1個を盗んだ疑い。

 竹田容疑者は札入れを抜き取るのを見られないように、会社員の胸付近に新聞をかざして自分の手元を隠していたという。札入れを盗んだ直後に、張り込んでいた捜査員によって取り押さえられた。

 同課によると、竹田容疑者はギャンブル場ですりをしていた常習犯で、捜査員の間では旧姓の「鐙谷(あぶみや)」にちなみ、通称「ギャン(ギャンブル場)のアブさん」として有名だった。捜査員を「だんなさん」と呼び、「今回は完全におれの負けだ」と容疑を認めている。

 竹田容疑者はこれまで、すり仲間が逮捕されると同課に「やり方が汚い」などと電話で抗議してくることが数回あった。今回の事件当日も電話をかけ、名前を名乗った上で「競馬場に行くが、おれは(すりを)やらないよ」と捜査員を挑発するように話し、犯行を“予告”。警戒を強化していた、年末年始すり犯特別強化取締(昨年12月15日~1月8日)期間中の逮捕となった。

 【関連記事】
婚活サギ女、不審死で通算6回目の逮捕
鳥取ホステス、不審死への関与を示唆
香港人男3人が窃盗認める供述…銀座高級時計窃盗事件
ブエナビスタの勝負服盗んだ容疑で逮捕

天皇陛下がお言葉=通常国会開会式(時事通信)
銃の許可は昨年6月更新 居酒屋3人殺害の容疑者、計5丁所持(産経新聞)
小沢氏の影響強化?政府・党首脳会議、週1回に(読売新聞)
エスカレーター事故 中学生8人転倒し負傷 NHK名古屋(毎日新聞)
警官がイノシシ射殺=車にひかれ逃走、2人軽傷-金沢(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。